ショパン夢男の独学ピアノブログ

今までピアノを習った事がない素人が独学でピアノを弾いています。そして畏れ多くも敬愛するショパンの数多の曲に挑戦し続けます!

50.「木枯らしのエチュード」演奏再アップ!難易度★9個

約3ヶ月前に「木枯らしのエチュード

を超スローで通した動画を

アップしていますが

それから2〜3日に1回のペースで

ほぼ通しのスロー演奏だけで練習し、

その結果をYouTubeで披露しました。

 

🔻エチュード作品25-11「木枯らし」

https://youtu.be/w7vvssmoxNI

※素人独学の演奏なのでご注意…ε-(´∀`; )

 

やはり、そんな生温い練習では

絶対に弾けない事があらためて

分かりました…(^_^;)

 

木枯らし程の難曲になると

これ一本に絞って練習しないと

ちょっと無理な気がします。

 

しかし木枯らしの他にも

やりたい曲が多くあるので

今のところ全エネルギー&時間を

投資する気になれません。

 

私の日々のピアノの練習時間は

仕事始めに1時間半、

帰宅して1時間〜1時間半、

合計3時間前後となりますから

一般的には恵まれている方だと

思っています。

感謝ですm(_ _)m

 

ですが…

 

本音では全く足りません!

 

…これ家族に言ったら

絶対に不満に思うでしょう(^_^;)

 

私が計画しているのは

ショパンエチュード全24曲、

バラード全4曲を通しレベルでもよいから

弾ける様になる事です。

 

無謀な挑戦なのは承知していますが

それは置いといて…(^_^;)

 

いずれにしても

この計画を本気で達成するには

生半可な気持ちでは

たどり着けないでしょうし

何より気の遠くなる様な膨大な時間が

必要なのは明らかでしょう。

 

仕事、家族の時間が

何より優先されるのは当たり前です。

余暇時間が3時間も取れるのに

時間が足りないと不満を言うなんて

ちょっとワガママですよね。

 

理解してくれている

周りの方々には申し訳ないです

…(;´Д`A

 

ピアノを趣味にするのは良いのですが

理想、到達地点をどの辺りに

設定するのか?

その設定如何によって

どの位のエネルギー、時間が

必要なのか?

 

家族、職場に

悪影響を及ぼすやり方だけは

絶対にいけません。

 

しかし私は今

そのギリギリで

ピアノを弾かせてもらっています(^_^;)

 

そう考えると

曲数を少し絞らざるを得ない、

もしくはクオリティは下げざるを得ません。

 

仕方のない事ですね。

 

そんな時間的な制限がある中

過去曲の維持、取り組みたい新曲を

悩みながら取捨選択するピアノ生活を

送り続けています。

 

皆さんはどうやって

新曲、過去曲の維持管理を

行っていますか?

人それぞれに合ったやり方があると

思いますが、よろしかったら

コメント欄にてお教えくださると

嬉しいです(^ ^)

 

長々とすみません…(^_^;)

 

さて本題です!

 

◾️木枯らしのエチュードの難易度採点

★★★★★★★★★(★9個)

※10個満点

 

この曲は音数が多過ぎます!

本当に音符密度が高過ぎます!

 

その結果としてスロー練習中に

自分で今どこを弾いているのか

分からなくなる…

迷子になる…

1年通し練習してきて

未だあります(T . T)

 

ピアノ演奏に関する才能の無さに

強く自己嫌悪よくします…

 

個人的の見解ですが

木枯らしのエチュード

音密度が非常に高いので

それだけで難しくなります。

 

楽譜1ページ目から

黒い音符で埋め尽くされています。

これは気持ち悪くなります。

これで多くの人の挑戦意欲は削がれ

大半の人が脱落します。

 

その気持ちは凄く分かります。

しかしですね… 

 

それは世間の罠です❗️❗️

 

と言ったらどう思いますか?(笑)

以下お読みください…

 

楽譜の気持ち悪さに

それでも挫けそうな心を奮い立たせ

負けずに数日間スローで通し練習を

してみてください…。

なんという事でしょう!?

※劇的ビフォーアフター調で(笑)

 

「あれ?思ったより行けるんじゃね?」

 

おめでとうございます。

そう思えた貴方はもう勝利したも同然です。

木枯らしのエチュード

完成達成率70〜80%確定したのですから!

 

ちょっと悪ふざけ過ぎました…(^_^;)

しかしながら完全にふざけた

訳でもないんです。

 

指さばき的にはそこまでの難曲だとは

本当に思えないんです。

人間工学的には

非常に理にかなっている運指で

曲が作られていると思います(笑)

 

実際スローで練習し続け

数日経過すると

指さばきの難儀さは、

ほぼどのページにおいても

感じられません。

木枯らしは運指を素直運んで

しっかり曲になってくれるのです。

 

技術的な難曲でいうならば

私は木枯らしのエチュードよりも

あの有名な革命のエチュードにこそ

大きく軍配を上げます。

 

革命の方こそ曲芸的、

素直に行かないトリッキーな

指さばきを要求されている。

断言します。

 

ハッキリいって

少々無理やりな指さばきをしないと、

それに慣れないと弾けません。

音密度は木枯らしのよりも少ないのに…

です。

 

一見木枯らしの楽譜よりも、

革命は聴いた限りにおいても

弾き易そうに感じます。

 

そこで私は学びました。

 

「出来るか出来ないかは己が決める」 

 

人というものは普通に生きていると

難題、壁が現れた時に世の常識に囚われて、

本能として敵前逃亡、

自己防衛します。

これが普通です。

 

そしてもう一点いえば…

 

「周りが呆れるほどやり続けろ!」

 

おい、おまえ、とんだけ凄い

木枯らしのエチュード

弾ける様になったつもりで

何様のつもりて講釈垂れてんだ?

あ?

 

と言われそうなのでやめます(^_^;)

 

しかし心から強く思うのですが

本当はその人に

素晴らしい能力があるのにも関わらず

世の一般常識に振り回されて

諦めてしまう人が多いと

思うんです。

これはピアノだけに

限った話ではなく…です。

 

木枯らしのエチュード

以下の肝要で少し辛抱して

取り組んでみてください。

 

・出来るか出来ないかは己が決める

・周りが呆れるほどやり続ける

 

例え木枯らしが今は難しく感じても

他の断念していた曲に活きてくると

思いますし、それこそ、

しばらくして木枯らしのエチュード

弾けるかもしれませんよ(^。^)

 

※私のYouTube上の演奏はほぼ全て

演奏状態の良し悪しに関わらず

3回の投稿で完成とする企画です。

そうする事で何がなんでも

「1曲を完成させるんだ!」

とプレッシャーを楽しめるし

自分自身励みにもなっています(*^_^*)

 

◾️ よかったら以下私のYouTubeInstagram

登録くださるとうれしいです。

🔻YouTube 「独学ピアノちゃんねる」 https://www.youtube.com/channel/UCNss9P9pbxyd5nDnKj4iLNg

🔻エチュード作品25-11「木枯らし」

https://youtu.be/w7vvssmoxNI

※素人独学の演奏なのでご注意…ε-(´∀`; )

🔻Instagramショパン夢男」https://www.instagram.com/dokugaku_piano_channel