ショパン夢男の独学ピアノブログ

今までピアノを習った事がない素人が独学でピアノを弾いています。そして畏れ多くも敬愛するショパンの数多の曲に挑戦し続けます!

42. 短時間の難曲vs長時間の大曲 どっちが難しく大変なのか?

短時間の難曲vs長時間の大曲

どっちが難しく大変なのでしょうか?

 

この2つの異なる曲に取りかかり、

完成させ、演奏披露する事になった場合、

はたして素人、独学ピアニストにとって

どちらが難しく大変なのでしょうか?

 

例えば…

ショパンエチュードのように

技術的に難しい曲だけれども

2〜4分程度の短い曲

 

バラードのように

ほどほどの難所が散りばめられ

しかし休める箇所がある

しかし10分前後の長い曲

 

上記のどっちが大変なのでしょうか?

 

何故そんな事を考えるのかというと…

 

個人的にですが

難曲といわれるエチュード各曲よりも

大曲のバラード第1番の方が

エネルギー消費+重圧は

圧倒的に大きく感じていたからです。

それなりの演奏レベルであっても

長い年月がかかってしまいました。

 

今回バラード第1番を

一応の完成としてYouTube上で

アップしているのですが

5年程前に暇つぶしとして

取り組み始め長期間やってきたのに

聴くのはしんどいレベル…(T . T)

本気で完成させようと決意して

要した期間は4ヶ月間。

結構時間かけてますが

その割に残念な完成でした…ヽ(´o`;

🔻その残念なバラード第1番の完成演奏

https://youtu.be/S6c9lHBGaAU

 

毎回の演奏前の精神的な負担、重圧。

バラード1番を弾くにあたり

まず集中力の確保が難しかったです。

途中で集中力が途切れるし

体力も必要だと思いました。

バラードなどの長い曲は

技術的な難しさも当然あるけれども

それだけでは語れない難しさも

あるのだとあらためて

思い知らされました。

具体的に言うと長い曲は

難所は当然あっても休める箇所がある。

エチュードのように技巧的なものが

延々と続かない。

その分少し楽なのではないか?

と思えます。

しかし長い曲はエチュードと違って

様々な幅広い技術に対応できないと

まず弾けません。

今回私が完成とした

バラード第1番の演奏が悪い見本です。

ご視聴くださると分かりますが

技術的に殆ど対応できていません。

弾くための課題が多過ぎて

エチュードのように一本道、

一筋縄ではいかないのです。

今後、バラード第1番以外の曲で

何か大曲をそれなりのレベルであっても

弾けるようになる気がしません…(^_^;)

というか戦意喪失、素人独学では

もはや無理ですかね…(>_<)

 

一方のエチュードですが

地道に何とか行けそうな気がします…

もちろんそれなりのレベルで(苦笑)

エチュード

短い曲の時間の中で

特定の技術を課題とし

終始それに特化しています。

練習曲ですから技術的な難しさが

延々と続くのは当たり前ですよね。

しかしエチュード

逆の見方をすれば特定の技術さえ

習得できれば楽であると思えます。

何より短時間ですから後は

何とか集中して我慢できる?(笑)

 

さて結論を出します!

 

長い曲=大曲の方が

短い曲の難曲よりも

断然に圧倒的に難しい!!

※私個人的な考えです

 

皆さんはどう思われますか?

 

※私のYouTube上の演奏はほぼ全て

演奏状態の良し悪しに関わらず

3回の投稿で完成とする企画です。

そうする事で何がなんでも

「1曲を完成させるんだ!」

とプレッシャーを楽しめるし

自分自身励みにもなっています(*^_^*)

 

◾️ よかったら以下私のYouTubeInstagram

登録くださるとうれしいです。

🔻YouTube 「独学ピアノちゃんねる」 https://www.youtube.com/channel/UCNss9P9pbxyd5nDnKj4iLNg

🔻Instagramショパン夢男」https://www.instagram.com/dokugaku_piano_channel