ショパン夢男の独学ピアノブログ

今までピアノを習った事がない素人が独学でピアノを弾いています。そして畏れ多くも敬愛するショパンの数多の曲に挑戦し続けます!

1.初めまして ショパン夢男と申します

初めまして。

当ブログにお越しくださり嬉しいです。

ありがとうございます。

 

私はショパンピアノ曲を愛する

ショパン夢男」と申します。

このネームで20年近く活動をしている

超ローカル地域の独学ピアニストです。

f:id:Chopinyumeo:20200515152227p:image

※上記のアイコンキャラは

デザイナーの友人Sちゃんが作ってくれました

Sちゃんに感謝!

 

ピアニストといっても自称です(笑)

なにせ私は今現在まで誰にもピアノ奏法を

教わった事がありません。

 

なので私こそ

正真正銘、完全なる「独学者」なのです。

独学と名乗るピアノ奏者は本当に多く、

実は幼少の頃に習っていたとか、

専門教育を受けた大人の独学としての

再開組の方とかも独学と称する方々います。

 

確かに独学には違いないでしょう。

今現在独学である、という意味においては。

 

しかし

誰にも教わってこなかったという

この実績(※注釈1)が私とは

完全に違うのです!

実績とあえて述べさせてもらいます(笑)

 

私としては、このような方々には

独学を強調しないで頂きたい(笑)

 

ではダイレクトに

何と称すれば良いのでしょうか?

私は長年この疑問の答えを考えてきました。

そして結論がでました。

 

ズバリ

 

「ピアノ経験者」!

 

これなら万人に分かりやすい。

独学者とは一線を区切る事が可能でしょう。

経験何年であるとか、

何歳〜何歳まで習っていた…

これらを副詞的に添えていただくと

ノープロプレム!パーフェクトでしょう。

 

(※注釈1 実績とあえて述べる理由

私、もしくは素人、独学ピアノ奏者の多くの一般人が定義する独学とは誰にも一切教わったことのない者を指します。しかし独学と謳う多くの方々の演奏を見聴きすると、驚異的なクオリティーが殆どです。なぜ演奏のクオリティが高いのか?理由は私のいう完全なる独学者ではないからです。現在は確かに独学であっても、過去にしっかりとした学習を受けておられる。この差は明確に演奏にあらわれます。そこでこのような学習を受けておられる過去を持つ方を私はピアノ経験者と定義し、独学者とは呼べない、と明確な一線を引いておきたいと考えています。私がここでいう習った事のない独学者の方々が、例えばYouTube動画で、いわゆる一般的に出回っている独学ピアノ動画たるものを見聴きし、自己の未来形に重ねて「自分もなれるんだ」と夢を見て修練に励みます。しかしどうしても演奏のクオリティの差を痛感する日が来ます。もどかしく辛い日の始まりです。そこでさらに様々な手法を試します。しかしながら幼少の頃などに習った事のあるピアノ経験者の方と、完全なる独学者の差とは圧倒的な差です。努力で覆せるものでは全くない。自分、身内、仲間、知り合いを通し、比較した結果、実感として言い切れます。やがて多くの独学者は絶望していきます。経験者が過去に学習を受けた事実は、例えるなら生物学上の能力差、もっと分かりやすく言えば、ゴリラvs人類最強の格闘家が素手で立ち向かっても人類側が勝てる見込みはゼロ。そのくらい大きな差があると言い切れます。話を戻しますが、独学者は同じ土俵に立っていると勘違いしている経験者の演奏に対して、完成度が違っている、自分には能力が無いと、自己嫌悪に入ります。独学者である彼らは知らないのです。幼少の頃に習った方も独学を名乗っているという事を。それを知らず、同じスタートラインに立つ者同士であると勘違いしている方が多いのです。やがて独学者は自分の演奏の能力の不甲斐なさに愕然とし、ピアノへの情熱、やる気、希望を徐々に失っていきます。何とも勿体無い、悲しい事でしょうか。そこで私のような真の完全なる独学者が恥を捨て、YouTube上でバラード1番の挑戦記をアップすることで、私の定義する独学者の勇気と、演奏への楽しさ、モチベーションを上げる意味があるのではないか?と思っています。そこであえて「誰にも習った事が無い事が実績」であるし、武器である、と表したわけです。)

 

私はピアノを趣味として

もう20数年弾いてきました。

インフルエンザに罹患し高熱が出たときも、

内臓疾患で痛く苦しんだときも、

仕事で苦しんだときも、

いつもピアノを弾いていました。

 

私より上手い独学者さんは多くいますが

私にとってピアノを演奏すること

特にショパンを演奏することは

私の人生そのものです。

達者に弾きたいけど

演奏のレベルはその割に残酷的(笑)

辛く厳しい現実ですが仕方がない。

演奏する情熱だけは一流と自負します。

 

一生かけてショパンの数多の曲に

挑戦し続けていきたいと思っています。

 

YouTube上では

バラード第1番に挑戦する様子を

アップしています。

 

またInstagramでは

バラード以外にもアップしています。

弾き方研究としても

色々教えてくださると嬉しいです。

 

それぞれ

チャンネル登録をいただけますと

本当に励みになります(^ ^)

 

※私のYouTube上の演奏はほぼ全て

演奏状態の良し悪しに関わらず

3回の投稿で完成とする企画です。

そうする事で何がなんでも

「1曲を完成させるんだ!」

とプレッシャーを楽しめるし

自分自身励みにもなっています(*^_^*)

 

◾️ よかったら以下私のYouTubeInstagram

応援くださるとうれしいです

YouTube 「独学ピアノちゃんねる」 https://www.youtube.com/channel/UCNss9P9pbxyd5nDnKj4iLNg

Instagramショパン夢男」https://www.instagram.com/dokugaku_piano_channel